鍵修理や常駐警備で守られる生活|質の良い暮らしに密着

対策の方法

女性と鍵

空き巣の被害が増えている

戸建では7割以上、集合住宅で5割近くが窓からの侵入と判明しています。泥棒に入られやすい家の特徴は、周囲にアパートや駐車場など誰でも入れる敷地がある家です。このような場合、人目に付かず、簡単に家の下見を行うことができます。窓に鍵をかけておけさえすれば安心だと思われている方は多いです。しかし、泥棒は器用にも、窓を専用の器具を使って割ります。そして、クレセント錠を開けるだけで、簡単に侵入してきます。なので、空き巣被害を防ぐには、防犯フィルムによる防犯対策が大切となります。

防犯フィルムの正しい使い方

近頃では、窓を割って侵入してくる空き巣が増えています。このような犯罪行為に対して、防犯フィルムは有効な防犯対策といえます。防犯フィルムは、フィルムの粘着力、厚みによってガラスの強度を高めてくれます。その結果、泥棒が容易にガラスを破ることを防止してくれます。ですが、防犯効果を得るには正しく防犯フィルムをはる必要があります。そこで、ここでは防犯フィルムを貼る時のポイントをお教えします。まず、ガラスの汚れを落とします。汚れがあると、防犯フィルムがしっかりとガラスに密着しません。汚れを落としたら、ガラスのサイズを測って防犯フィルムをカットします。そして、フィルムの裏面の保護フィルムをはがして、その糊面に水溶液をスプレーします。それから、防犯フィルムをガラスに貼っていきます。貼る時のコツは、フィルムをスキージーで中央から上下・左右に空気を押し出して貼ることです。こうすることで、きれいに貼り終えることができます。